So-net無料ブログ作成

優れた高齢者福祉機器を募集―日本リハビリ工学協会(医療介護CBニュース)

 日本リハビリテーション工学協会はこのほど、高齢者、障害者向けの優れた福祉機器を表彰する「福祉機器コンテスト」の作品募集を開始した。入賞作品の発表と表彰は、9月29日―10月1日開催の「国際福祉機器展HCR2010」で行う。

 コンテストは、一般向けに募集する「機器開発部門」と学生に限定した「学生部門」に分けて実施。書類提出と動画審査の一次選考(学生は書類のみ)、実物審査の二次選考(学生は動画審査があるが、小中学生は動画不要。実物以外に模型も可)を経て、入賞作品を決める。選考基準は機器の有効性、独創性、実用性、費用対効果など。学生部門では発想の豊かさや将来性も考慮する。

 募集期間は機器開発部門が6月14日、学生部門が7月12日まで。


【関連記事】
福祉用具レンタル、9割がリピーター
介護保険貸与品目に認定後、昨年に3件の事故―可搬型階段昇降機
福祉用具の利用者の声を収集―テクノエイド協がサイト開設
福祉用具の利用状況確認のための自主基準開発―専門相談員協会
社会福祉施設での腰痛防止と危険予知でマニュアル―厚労省

鉄球、水にプカプカ…特殊技術に注目(産経新聞)
<普天間移設>現行案の見直し、米に理解求める…下地氏訪米(毎日新聞)
元経理担当罪状認める 北教組違法献金初公判(産経新聞)
割安補修で遊び場確保を=遊具事故防止に事例集―消費者庁(時事通信)
昨年のOTC市場、第一類医薬品で明暗(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。