So-net無料ブログ作成
検索選択

<臓器提供児童>虐待の有無確認 厚労省方針(毎日新聞)

 改正臓器移植法で15歳未満からの臓器提供が可能になるのに伴い、厚生労働省作業班(班長、新美育文・明治大教授)は30日、主治医に加え、看護師やソーシャルワーカーなど複数の医療従事者に、虐待の有無を確認する委員会を施設内に設置するよう求めるとの報告書案をまとめた。厚労省は臓器移植委員会などでの審議を経て、同法のガイドラインを改正する予定。

 改正臓器移植法は7月17日から全面施行される。【関東晋慈】

【関連ニュース
生体肝移植:同意得ず研究段階の手術行う 東京医科大
生体肝移植:切り取る肝臓を小さくできる手術法を開発
iPS細胞:「腸」作成…「立体」は世界初…奈良県立医大
病気腎移植:臨床研究2例目の手術開始 宇和島徳洲会病院
臓器移植:提供拒否は小児も有効 指針改正へ

<EPA看護師>国家試験に3人が合格 狭き門に批判も(毎日新聞)
首相の元金庫番、力無く陳謝「力を見せたかった」(読売新聞)
GSK社製2368万回分を解約、違約金なし―輸入新型ワクチン(医療介護CBニュース)
敏いとう氏を参院選擁立=国民新(時事通信)
小林議員への辞職勧告決議案検討 自民大島幹事長(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。